~生演奏~【年に一度の特設ステージ】にぎわいを味わい尽くす

~にぎわいを求めて~

どうも!東京コーディネーターのたなかです。

皆さんインフルエンザの予防接種はお済でしょうか?

今年はウイルスの勢力が強いようで、早くも各地で流行が始まったようです。

 

そんな冬の気配を感じる今日この頃、インフルエンザにも負けない活気に溢れるイベントに行ってきました!

いっぽ一歩祭り」という名のお祭です。

ハロウィンが終わり、クリスマスまでもまだ少し余裕のある11月は、実はお祭を開くのに絶好のタイミングだったりしますよね。

さて、そのお祭で行われた演奏ステージをコーディネートしてきましたので、その演奏の様子を、お祭のにぎわいの様子とともにお伝えします!

~11月16日、文京区のとある福祉施設にて~

いっぽ一歩祭りは文京区の福祉施設で年に一度開催されているお祭です。

館内では、コンサートステージのほかに屋台やバザーが行われており、大にぎわい。

このお祭はすべて利用者の方やそのご家族の方が運営されているそうです。

私もおでんや焼きそば、フランクフルトなどをお腹いっぱいいただき、お祭り気分を楽しませていただきました。

コンサートステージではこの日3組の演奏があり、今回コーディネートしたのは2組目に出演された明星サングリアさんです!

明星サングリアさんはボーカルギターの2人組バンド。

ブログ記事【訪問演奏】暑い夏にギター伴奏でお送りする「津軽海峡冬景色」はいかが? 

30分間の特設ステージで

普段は老人ホームでの出演が多い明星サングリアさん。

こちらの福祉施設では初演奏で、「みんな楽しんでくれるかな、、、」と少し不安もあったようですが、お祭の活気あふれる雰囲気の中で期待を高めます

館内アナウンスがまもなくの開演を告げ、ステージのセッティングが完了。

集まってくれたお客さんは、みんなお揃いの青色のはっぴを羽織っています。

ステージ左からボーカルのさやかさん、ギターのかりんさんです!

客席には40名以上のお客さんが集まり、最前列からぎっしり。

さあ、注目の1曲目は『雨の慕情/八代亜紀』。

ゆったりとした流れの中に、切なげな歌声とギターの優しい音色が響きます。

2曲目の『かもめが翔んだ日/渡辺真知子』はアップテンポでついつい手拍子を入れたくなる曲。

一人、また一人と手拍子を始め、手拍子の波が会場の奥まで広がっていきました。

4曲目の『また君に恋してる/坂本冬美』は、一緒に口ずさみたくなる切ないメロディーライン。

ボーカルのさやかさんが曲に合わせて手を振ると、それに答えるようにお客さんも手を振り出しました。

明星サングリアさんをコーディネートさせていただいたのは今回で2回目ですが、こういった演奏中のコミュニケーションの取り方がすごく上手だな~と感動させられます。

最後の『津軽海峡冬景色/石川さゆり』が終わると、拍手はアンコールの手拍子へと。

もう一度聴きたい曲はありますか??」と明星サングリアさん。

どの曲も人気なので選び難い、、、!ですが、最後はみんなで歌ってしめましょう!

ということで、歌詞カードのあった『また君に恋してる/坂本冬美』をもう一度演奏していただきました。

~いつの間にか、一体感!~

演奏が終わると、お客さんからお2人にサプライズが!!

なになに??

花束のプレゼントです!お客さんを代表して2人の利用者さんがステージへ。

花束が手渡されると、会場は温かい拍手に包まれました。

 

素敵な笑顔を記念にパシャリ!

会場一体型コンサートでは、いつの間にか奏者と観客の距離が縮まっていくのを肌で感じられます。

あっという間の30分!明星サングリアさんがステージから降りると、お客さんがそばに来て口々に「ありがとう」の言葉をかけてくれました。

明星サングリアさんも、観客の皆さんも、ありがとうございました!!

【プログラム】

1.雨の慕情 八代亜紀

2.かもめが翔んだ日 渡辺真知子

3.他人の関係 金井克子

4.また君に恋してる 坂本冬美

5.いい日旅立ち 山口百恵

6.津軽海峡冬景色 石川さゆり

~アンコール~

また君に恋してる

演奏者として老人ホームや保育園に生演奏を届けませんか?

あなたの演奏で、心から笑顔になる人たちに出会うことができます。
普段生演奏を聴く事が難しい、老人ホームや保育園での訪問演奏活動にチャレンジしてみませんか?