【訪問演奏】ジャズに日本手遊び唄に坂本九!底知れぬサックスの魅力、感じてみません?

みなさん、こんにちは!

パフォーマンスバンクの楊です。

今回は、サックスコンサートをお届けしますよ〜!

段々と蒸し暑くなってきましたが…

いかがお過ごしでしょうか??

 

そんな蒸し蒸しとした暑さを吹き飛ばすようなサックスコンサートが、531日に相模原市のデイサービスで行われました🎷

演奏者の方は

野中裕子さんです!

 

クリーム色のステキなドレスを着て、アルトサックスとともに登場👗

 

登場しただけでオーっという歓声が上がりました!

そんな歓声のなか始まったコンサート。

一曲目はジャズのスタンダードナンバー、アイガットリズムでスタート!

曲名のとおり、ノリノリの一曲です。手拍子をする方も👐

二曲目は、ロンドンデリーの歌。

アイルランド民謡のこちらの曲、サックスにより奏でられる美しいメロディに、みなさんうっとりです。

三曲目は、アルプス一万尺!

誰しもが子供の頃、お世話になっていた曲ではないでしょうか?

野中さんも、子供のときはどれほど早くできるか競っていた、とのこと。

懐かしいですよねえ!

またこの曲、実は長野の日本アルプスをもとに作詞されたとか🗻

知らなかったエピソードでした😲

そして

演奏スタート!最初は聞き慣れたメロディでしたが、だんだん変化していき、サックスならではの早吹きで、細かい音符のメロディへ。

なんとも新たなアルプス一万尺です!!

四曲目は、がらっと変わりまして日本の手遊び唄メドレー。

なかなかサックスで手遊び唄を聴く機会もないですよね。

みなさん、懐かしそうに口ずさんでいました♫

そして、五、六曲目は、朧月夜と見上げてごらん夜の星を、でした!

歌詞カードを手にした、楽しそうなみなさんの声が会場に響き渡りました

七曲目は、テネシーワルツ。

アメリカで1948年に生まれた、ジャズを日本に広めた一曲、とのこと。

三拍子で奏でられる、しっとりとしたメロディ。

その心地よさで思わず、三拍子に合わせて手を動かす方も。

八曲目は、トラディショナルメドレーです。

九曲目は、情熱のカンツォーネ!

名曲が詰まったイタリアのメドレーでした。壮大なメロディからスタートした、「帰れ、ソレントへ」可愛らしく明るい「Santa Lucia」勇ましい「オーソレミーオ」

いろんな表情をもつ曲が贅沢に繰り広げられました。

一番最後はみなさんでふるさとを合唱して、コンサートは終了!

かと思いきや、質問コーナーのお時間が!!

お客さまが感想を伝えてくださったり、野中さまへ質問をしてくださったり。

「いつからサックスを始めたの?」

13歳から始めました!」

こんなやりとりや、

「美人が目の前にいて恥ずかしいのでなにも言えない」

「素晴らしい演奏をありがとうございます!」などなどの感想も。

暖かい時間が流れました💫

(↑野中さまの、ナイスな笑顔…!お気に入りの写真です😊とっても楽しそうでした)

そして、盛大なアンコールをいただき、一番最後は坂本九さんの名曲、上を向いて歩こうを演奏していただき、みなさんで大合唱!

大変盛り上がりました。

演奏後も、拍手と歓声が止みませんでした👏

 サックスって、ジャズにおさまりきらない魅力があるんだなあ、と改めて実感…。

充実の盛りだくさんのプログラムをご用意していただき、素晴らしい演奏をしてくださった野中さま、

そしてこのような演奏会を開催していただいた施設のみなさま、本当にありがとうございました!!

プログラムは以下のとおりです。

アイガットリズム 

ロンドンデリーの歌

アルプス一万尺

日本の遊び唄メドレー

朧月夜

見上げてごらん夜の星を

テネシーワルツ

トラディショナルメドレー

(ビリーボーイ〜オーラリー)

情熱のカンツォーネメドレー

ふるさと

アンコール

上を向いて歩こう

すべての人に生演奏を届けるための活動をご支援ください!

NPO法人パフォーマンスバンクは『生演奏の楽しさをすべての人に』を理念に掲げ、老人ホーム・病院・ホスピス・障がい者支援施設などへの出張コンサート開催の支援に取り組んでおります。より多くの人に楽しい生演奏を届け、聴く人たちに笑顔と元気を与えられる活動へのご支援を是非よろしくお願いします。