【出張演奏のコツ】定番レパートリーを作ろう(困った時のコパカバーナ)

年の瀬、みなさんいかがお過ごしでしょうか?私は家族を連れてのドライブなどしながら、のんびりと過ごしております。

ドライブ中のBGMとして、スマホに入れていた曲をランダムで流していたのですが、ニューサウンズインブラスの「コパカバーナ」が流れてきてとても懐かしい気持ちに。この曲は高校の吹奏楽部で、文化祭やら新入生歓迎演奏会など、とにかく事あるごとに演奏していた定番曲でした。
選曲に迷った際にいつも出てくるので「困った時のコパカバーナ」と、若干バカにされていたほど。
とは言え、そうやっていつでも演奏できる定番曲の存在は、奏者にしてみれば限られた練習時間を有効活用するためにはありがたいものだったように思います。
パフォーマンスバンクでは、同じ奏者の方が連続して同じ会場に演奏に行くことの無いように調整しています。それは何度も同じ人が来ると観客側が飽きてしまうということに加えて、定番曲を使い回すことで奏者の負担を減らしたいという意味も込めています。

演奏者として老人ホームや保育園に生演奏を届けませんか?

あなたの演奏で、心から笑顔になる人たちに出会うことができます。
普段生演奏を聴く事が難しい、老人ホームや保育園での訪問演奏活動にチャレンジしてみませんか?