【訪問演奏】懐かしい音楽を聴くと、想い出がよみがえるのはなんでだろう?

みなさんこんにちは!コーディネーターの永井です。

季節の変わり目ですが、みなさんお元気ですか?

すごく暑いかったり、次の日がすごく寒かったりして、体調管理の難易度高いですよね。。

たくさん食べて笑って、良い音楽を聴いて(^^♪ 元気だしていきましょう!!

 

さて、そんな季節の変わり目でもとても天気が良く、小春日和の4/28(日)に

世田谷区の老人ホームへ訪問演奏に行ってまいりました♬

 

今回の演奏者さんは、クラリネット奏者の川原良成さんです。

まず1曲目は、◆モーツアルト作曲「恋とはどんなものかしら」

オペラ「フィガロの結婚」の少年ケルビーノが歌う、とっても有名なアリアです♬

みなさん一度は聴いたことあるはず!軽快なメロディーで演奏会がスタートしました。

 

2曲目もクラシックから、◆モーツアルト作曲「クラリネット5重奏より第2楽章」

演奏前に川原さんより「ゆったりした音楽なので、ぜひ目を閉じて聴いてみてください」とのお話が!

演奏がはじまると、確かに目を閉じて聴いていたい…

とても美しい音楽で心地よい…(*´ω`)

会場も、良い感じにまったり、なごやかな雰囲気になりましたよ♫

いいお天気の昼下がりに、こんな音楽を聴けるなんてすごく贅沢だな~

 

 

さて、今回川原さんは、「B♭管」「A管」2種類のクラリネットを持ってきておられました。

一見同じようにみえるのですが、A管の方が少しだけ長いそうです。

モーツアルトは、A管で吹くことが多いそうですよ~

なかなか2種類のクラリネットを並べてみることは出来ないので、みなさんも興味津々!

勉強になりました!

 

続いて3曲目は、◆ミュージカル「アニー」より「トゥモロー」

 

そして、日本の四季を音楽で辿っていきます

◆[ 春 ] 早春賦

◆[ 夏 ] 少年時代

◆[ 秋 ] 小さい秋みつけた

◆[ 秋 ] 赤とんぼ

◆[ 冬 ] なごり雪

とてもなじみのある曲ばかりで、観客のみなさんも口ずさんだり体を揺らしたり、

思い思いに楽しんでおられました♪

それぞれの曲の前に、川原さんがご自身の想い出話をしてくださり、

たとえば「赤とんぼ」では、小さい頃に手をくるくる回してトンボを捕まえた想い出。

「なごり雪」では、高校卒業後の友達との別れの想い出、などなど。

 

川原さんは、もともと音楽の教員をされておられた方。

演奏はもちろん、MCでも「さすが先生…!」といった感じでみなさんをどんどん引き込んでいきます。

音楽って、聴いていた頃の想い出が鮮明によみがえりますよね~。不思議。

観客のみなさんも、音楽を聴きながらご自身の想い出に浸っていたかもしれません(*^^*)

 

演奏会は、お馴染みの曲がどんどん続きます♪

◆涙そうそう

◆見上げてごらん夜の星を

 

そして、最後はみなさんで歌いましょうのコーナー!

◆川の流れのように

◆ふるさと

みなさん大きな声で歌っておられました♪

特に「ふるさと」は盛り上がりましたね!やはり名曲です。

3番は、演奏無しのアカペラでみなさんと歌いましたが、

会場全体がとても大きな歌声で包まれて、びっくり&感動しました!

そしてたくさんの拍手の中、演奏会は終演となりました♬

 

演奏会が終わってからも、「ふるさと」を口ずさんでおられたり

観客のみなさんは笑顔で会場を後にされていましたよ~(^^♪

また次回も楽しい演奏会をお届けしますね!

 

すべての人に生演奏を届けるための活動をご支援ください!

NPO法人パフォーマンスバンクは『生演奏の楽しさをすべての人に』を理念に掲げ、老人ホーム・病院・ホスピス・障がい者支援施設などへの出張コンサート開催の支援に取り組んでおります。より多くの人に楽しい生演奏を届け、聴く人たちに笑顔と元気を与えられる活動へのご支援を是非よろしくお願いします。