こども病院への出張演奏!

代表の鈴木です。

本日は埼玉県立小児医療センターでの出張コンサートを開催しました!

こちらはその名の通り子どもたちが多く集まる病院で、2016年末に現在のさいたま新都心に移転したばかりという新しい建物が印象的な場所でした。音楽をテーマにした可愛らしいマスコットキャラクターも!

 

今回のコンサートでは、多数の保育園などでの演奏にご協力を頂いている高瀬真由さん(歌手)と、アコースティックバンド「the chocolete box」での演奏が幅広い世代に大人気の四元壯さん(ギターボーカル)・黒尾香里さん(ピアノ)にご出演頂きました。

「コンサートを聴きに行くのが難しい子ども達に生演奏を届けたい」
「育児や看護で大変なパパ達・ママ達にも癒しの時間を持って欲しい」

という趣旨に賛同を頂き、この日のために結成されたスペシャルユニットです。

病院でのロビーで開催されたこのコンサートは、12月という季節に合わせて「クリスマスメドレー」でスタート。耳にしたことのあるクリスマスソングが流れてくると、続々と人が集まってきました♪

その後は「山の音楽家」や「アナと雪の女王メドレー」などの人気曲を子ども達が楽しそうに聴いている姿はもちろんのこと、スピッツの「楓」などの演奏にはパパさん・ママさんたちも聴き惚れている様子も見られました。

今回は女性ボーカルと男性ボーカルの共演だったこともあり、特に印象的だったのが「ホールニューワールド」。ディスニー映画「アラジン」で、王子に変装したアラジンとジャスミン姫が魔法の絨毯で世界中を見に行く場面で使われる曲ですが、まさに映画の雰囲気さながらの演奏となりました。

終演後の記念撮影コーナーでは、たくさんのお客様が演奏者と一緒に写真を撮ってくれました!!

 

また今回のコンサートは、開催費用の一部を当団体の寄付会員の皆さまから寄せられた寄付金を原資とすることで開催することができました。

パフォーマンスバンクでの寄付会員制度は2018年下期から正式スタートしましたが、早くもこのような形で「コンサートを聴きに行くのが難しい人たちにも生演奏を届ける」という活動の幅を広げることができたことを、寄付会員の皆さまをはじめ開催にご協力頂きました病院スタッフの皆様にも深く御礼申し上げます。

すべての人に生演奏を届けるための活動をご支援ください!

NPO法人パフォーマンスバンクは『生演奏の楽しさをすべての人に』を理念に掲げ、老人ホーム・病院・ホスピス・障がい者支援施設などへの出張コンサート開催の支援に取り組んでおります。より多くの人に楽しい生演奏を届け、聴く人たちに笑顔と元気を与えられる活動へのご支援を是非よろしくお願いします。