珍しいオカリナの音色に、演奏会延長戦!?

都内の老人ホームにて、オカリナ独奏の演奏会を開催させて頂きました。オカリナを演奏するのは、パフォーマンスバンクではすっかりお馴染みのオカトロさんです。

f:id:seike1126:20170112082805j:plain

今回は、秋の季節を感じながらも、もうすぐクリスマスという事で、2シーズンにわたってなじみのある音楽を届けてくださいました。

「ふるさと」「上を向いて歩こう」では、皆さん歌詞カードを見ながらにこやかに歌ってる様子が伺えました。この光景を目にするのは、パフォーマンスバンクスタッフにとって一番の楽しみになっています。

f:id:seike1126:20170112083551j:plain

準備していただいたアンコールも終わり、施設職員の方から「演奏会終了」のアナウンスが入った後に、さらにアンコールの手拍子を頂いて演奏会延長戦のはじまり。

オカトロさんはオカリナについての質問をたくさん受けてる様子でした。

ご厚意で、最後の最後にクリスマスメドレーを演奏していただき、1時間15分にわたる演奏会が終了しました。

終了のアナウンスを受けてお部屋に戻ってしまった方もいらっしゃいましたが、他では味わえないプレミアムな演奏会を感じて頂けたことだと思います。

パフォーマンスバンクが掲げる「生演奏をすべての人に」という、生演奏の良さがもたらした今回の演奏会延長戦だったと感じています。

演奏者として老人ホームや保育園に生演奏を届けませんか?

あなたの演奏で、心から笑顔になる人たちに出会うことができます。
普段生演奏を聴く事が難しい、老人ホームや保育園での訪問演奏活動にチャレンジしてみませんか?