病気になって思ったこと

月頭にインフルエンザで倒れてから、原因のハッキリしない体調不良が2週間ほど続いていました。

  • 常に目まいがしている感じで、目の焦点が合わないので長い文章が読めない
  • 食欲が全く無く、薬を飲むために頑張ってパンを一切れ食べる
  • 咳が止まらない
などの症状が続いてきましたが、ようやくそれらも収まって、普段通りの体調に戻ってきました。
こんなに長期間にわたって体の不調に悩まされたのは初めてで、体を壊すとこんな風になっちゃうのかと驚いたことがありました。

1.物事を前向きに考えられない

自分は何事にもポジティブシンキングで取り組む人間なのですが、この2週間は何に対しても前向きになることができませんでした。そればかりか「仕事辞めたい」とか「このまま旅に出たい」とか、現実逃避のオンパレードが心を過ぎり続けました。ホントに鬱病になったんじゃないかと不安になったほど。

2.直感が全く働かない

体調悪いと心も弱くなるのは分かる気がするのですが、直感が全く働かなくなったのにはほとほと困りました。スケジュールを組んだり、何かの意思決定をする際に、いつもはおぼろげながら直感的に答えや道のりが見えてくるので、それをベースに思考を深めていくのが自分のやり方なのですが、おぼろげな答えが全く思い浮かばない。なので納得した意思決定わ全く行うことができず、それがまた多大なるストレスとなりました。
おかげさまで体調が上向いた今は、1.も2.も無事に解消されました。ありきたりだけど、健康は本当に大事だと痛感した、人生初のインフルエンザの後日談でした。

すべての人に生演奏を届けるための活動をご支援ください!

NPO法人パフォーマンスバンクは『生演奏の楽しさをすべての人に』を理念に掲げ、老人ホーム・病院・ホスピス・障がい者支援施設などへの出張コンサート開催の支援に取り組んでおります。より多くの人に楽しい生演奏を届け、聴く人たちに笑顔と元気を与えられる活動へのご支援を是非よろしくお願いします。