【訪問演奏】心に染みる。マンドリンの優しい響き

こんにちは!

短い秋が終わり、日ごとに寒さが増してきました。

あっという間に冬の到来ですね。

 

そんな冬の訪れを感じる本日、杉並区にある施設にて演奏会を開催しました🎼

演奏して下さったのは、ぴあせボーレのみなさんです!

マンドリンという楽器で構成されたグループで、

パフォーマンスバンクの演奏会に何度も出演していただいてます。

ぜひインタビュー記事も併せてご覧ください!

【奏者インタビュー】マンドリンアンサンブル ぴあせボーレ♪さんとのお話が楽しすぎました!

 

今回の演奏会では、下記プログラムを演奏して頂きました!

・エトピリカ
・パッヘルベルのカノン
・リベルタンゴ
・木星
・星に願いを
・川の流れのように
・上を向いて歩こう
・見上げてごらん夜の星を
アンコール
・ふるさと

 

どの曲も素晴らしい演奏を披露して頂きましたが、

特にお客様から大きな拍手を頂いたのが、

「パッヘルベルのカノン」や「リベルタンゴ」。

「パッヘルベルのカノン」は、「かえるの歌」のように異なるパートが同じ旋律をずらして演奏する曲ですが、息のぴったりあったトレモロの伴奏の中から聞こえてくる旋律は、ロウソクの火が灯ったように浮かび上がってくるようでした。

体に馴染むように聞こえてくるその音に、マンドリンの音色の魅力をとても感じました。

 

また、「リベルタンゴ」では、

優しく響くマンドリンの印象を良い意味で覆す、迫力のある演奏を披露して頂きました!

プログラムを頂いた時点から、マンドリンで「リベルタンゴ」ってどのような演奏になるんだろう。

とワクワクしながら当日を迎えたのですが、、

細かい部分まで音が揃った特徴的なリズム伴奏に、迫ってくるような情熱的なメロディ。

演奏が終わってすぐ大きな拍手が響きました!

 

一緒に歌を歌おう!のコーナーでは、

「川の流れのように」、「上を向いて歩こう」、「見上げてごらん夜の星を」を観客の皆様と一緒に歌いました!

ご演奏中は観客の皆さんのご様子を何度も窺いながら、お声を出しやすいペースで伴奏をされ、

観客の皆様も大きな歌声で参加してくださいました!

 

(足を組んで演奏するのかっこいいですね・・!)

 

演奏会終了後も「マンドリンに触ってみたい」とお声をかけてくださる方がいらっしゃり、

ご入居者の皆さんと楽しくお話しをさせて頂きました。

ぴあせボーレの皆様、施設の皆様、素敵な演奏会をありがとうございました!

 

 

 

演奏者として老人ホームや保育園に生演奏を届けませんか?

あなたの演奏で、心から笑顔になる人たちに出会うことができます。
普段生演奏を聴く事が難しい、老人ホームや保育園での訪問演奏活動にチャレンジしてみませんか?