うたとピアノと♫時空を越えた音楽の旅

こんにちは。伊藤です。

東小金井市の老人ホームに出張してきました!

今回演奏してくれたのは、永井さん(声楽)×岡安さん(ピアノ)です。

なんとテーマを用意して演奏していただけました!

今回のテーマはタイトルにもありますが・・・

目次

うたとピアノと♫時空を越えた音楽の旅

今回の演奏会では、各時代の名曲を時代背景など説明しながら演奏をしていただきました!

こんな感じでお客さんに見せるカードを作ってみました。

以下の曲を時代ごとに背景を紹介しました。

・1961年(昭和36年) 日本
 上を向いて歩こう
・1918年 イタリア
 オペラ「ジャンニ・スキッキ」より 私のお父さん
・1962年(昭和37年) 日本
 小さな空
・1831年 フランス パリ
 ノクターン(ピアノソロ)
・大正~昭和初期 日本
 秋のメドレー
・1926年 オーストリア
 ドレミのうた
・1992年 日本
 今日も一つ

 

 

二人の息のあった演奏にとても感動しました!

お年寄りは知的好奇心がとても旺盛で、時代の説明に耳を傾けて頷いている方もいらっしゃいました。

こんな一工夫を入れると曲に深みが出ますね!

永井さんの素敵な歌声に、お客様からこんな声をいただきました。

「またぜひ来てください!先生!」「生きてきた中で一番感動しました」「どこいっても通用する!」などなど

演奏会の間にも素晴らしい言葉をたくさんいただきました。

楽しそうに演奏する岡安さん。演奏が好きなんですね!楽しい雰囲気が伝わります。

リズムでお客様と一緒に楽しむプログラムも入れました。

小さい楽器で皆で一緒に振ってとても盛り上がりました!

演奏会も終わりお疲れ様でした!素晴らしい演奏に感動して涙しそうになりましたが、堪えました。。笑

今回、演奏していただいた「今日も一つ」という曲で感動しました。。とても優しさを感じますよね。

星野富弘さんという方の作品だそうです。

星野富弘さんにいついて

いつも素晴らしい演奏をありがとうございます。これからも感動をお届けしてください!

お疲れ様でした!

 

 

生演奏を呼んでみませんか?|感染症対策にも配慮

パフォーマンスバンクではコロナ禍においても音楽の灯をを絶やさぬよう、引き続き様々な場所への生演奏による出張コンサートをお届けしています。

基本的な感染症対策に加え、演奏者と観客との距離を十分に確保することで、安心安全なコンサートを開催することができます。

また、ご要望に応じて、飛沫リスクの少ない弦楽器や打楽器などのコンサートもご提案させて頂いております。
    いいねと思ったらシェア!
    • URL Copied!
    • URL Copied!
    目次
    閉じる