【訪問演奏】クラリネットって奥が深い!!クラシックから日本のポップスまで数種類のクラリネットがお届けします♪

こんにちは!コーディネーターの渡邉です。

6月30日に、北区の高齢者施設にて川原良成さんによるクラリネットの演奏会が開催されました🎶

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本番前には会場でリハーサルを行いますが、クラリネットのふくよかであたたかな音色が響き渡ると、それを聞き付けたご利用者様が早速会場にいらっしゃいました😆✨

音楽にお詳しいご利用者様から本日の曲目にまつわる講義を受け、私も演奏会が始まるのが一層楽しみに(^^)

会場がご利用者様でいっぱいになると、いよいよ演奏会開催です!

最初はクラリネットの名曲から♪
「3つの野ばら」はシューベルト版、ウェルナー版、マクダウェル版でメロディーが異なるのですが、ご利用者様はその違いを聞き分け、それぞれに好みの「野ばら」をお持ちのようでした🌼

皆様、どの「野ばら」がお気に召されたのでしょうか?? 気になります👀

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

続いては、川原さんによる楽器紹介です。

「皆さんはどうしたらクラリネットの音が出るのか知っていますか??」

実は、クラリネットはマウスピースに装着したリードをふるわせて音を出す楽器なんです。

ちょっと見ずらいのですが、川原さんの手の中にある小さなものがマウスピースです。

ちなみにマウスピースだけでも、「ピーピー」と甲高い音が出ます!面白いですね😊

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

川原さんからはこんな質問も!

「クラリネットの種類は、何種類あるでしょうか?」

「2、3種類くらい(´・`・)?」

いえいえ、そんな少しではありません☝️☝️

クラリネットの種類はもっとたくさんあるそうで、川原さんには様々なクラリネットの吹き比べをしていただきました🎵

また、曲ごとに使用するクラリネットを変更なさっていて、その曲に合った音色をお届けしてくださいました♪


日本の歌として演奏して頂いた曲は全て大好評!!

歌詞カードを作成していない曲でも、歌声が響き渡りました🎶

「選曲が良すぎる」とのお声も頂きました。

中でも早春賦は、間奏部分で鳥の鳴き声をクラリネットで表現する部分があり注目を集めていましたよ🐦

時間の都合上、残念ながらアンコールはできなかったのですが、アンコールのお声もたくさん聞こえました。

川原さん、素敵な演奏をありがとうございました!!

~プログラム~

・クラシックの名曲
G線上のアリア〜主よ人の望みと喜びを
3つの野ばら
シューベルト〜ウェルナー
マクダウェル
・ポピュラー音楽から
青春の輝き
サマータイム
・スイングジャズ
君の思い出
・日本の四季を歌った曲
早春賦〜サトウキビ畑〜赤とんぼ
なごり雪
・日本の歌
涙そうそう
涙くんさよなら
見上げごらん夜の星を
・みんなで歌いましょう。
川の流れのように
ふるさと

演奏者として老人ホームや保育園に生演奏を届けませんか?

あなたの演奏で、心から笑顔になる人たちに出会うことができます。
普段生演奏を聴く事が難しい、老人ホームや保育園での訪問演奏活動にチャレンジしてみませんか?