【訪問演奏】ソプラノとピアノで贈る そよ風コンサート

こんにちは♪

コーディネーターの安藤です。

気候の良い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

私にとって令和初の施設訪問は、コーディネーター仲間でもある

ソプラノの永井 友梨佳 さん と ピアノの岡安 千咲 さんで贈るコンサートとなりました♫

訪れたのは、板橋区のデイケアサービスです(^_^)

こちらの施設では施設長の萩原様がいつも温かく支援してくださっており、

お訪ね出来ることを楽しみにしていました!

 

永井さんは声楽、岡安さんはピアノを音大で学ばれ、3月には一緒にリサイタルを行われた仲です!

そして、今回は特別に司会者として元N●●のアナウンサー東村絵理さんも

ご参加くださり円滑にコンサートを進行いただきました!(^^)!

 

プログラムは、皆さんがよく知る「♪上を向いて歩こう」などの歌謡曲から、

楽しく歌って参加出来るミュージカルナンバー、ピアノソロで贈るクラシック

更に、永井さんが声楽家として注力されているという「あまり知られていない現代の日本歌曲」についても興味深い解説と共に演奏いただき、利用者の皆様が終始集中して聞き入っていらした姿が印象的でした!

 

終了後に皆さんから飛び交った言葉は

「だってじょ~ずたもの~!!」

「本当にうまいんだもの~!」

「最高!」

「素晴らしかった!」

 

それぞれに活躍される3人が生み出す空気は、良い緊張感が走り

コンサートホールさながらでした。

その様子を少しずつご紹介します(^^)/

*******************************************

「♪すてきな春に」

日本歌曲ですが、オペラのように「登場人物のおしゃべりに音が付いて歌になっているレチタティーヴォ」の部分と「想いを歌に載せているメロディアリア」の部分で構成されています。

「レチタティーボというのは・・・”こんな風に~~♪おしゃべりが~~♪歌になってまっす~(*^^*)/”」と、説明を受けると、難しそうなクラシックのことも楽しく親しめますよね!

 

「♪見上げてごらん夜の星を」

施設長の萩原様は中高合唱団に所属されていたそうで、

美声ですぐにハモることがお得意!

永井さんと歌われたい!というリクエストが(^^)/

 

「♪ショパン ノクターン第2番」

岡安さんのピアノソロ。音に込められた深い愛情が伝わってきます。

始めから終わりまで、ずーーっとメロディを歌われている方がいらっしゃいました(・ω・ノ)ノ!

 

「♪ドレミの歌」

サウンド・オブ・ミュージックのマリアのように

「さあ、それでは皆さんご一緒に~」

「(次は)小さく〜」「(次は)早く~!」

と音楽の楽しさを利用者さんに感じていただけた一コマでした⸜(*˙꒳˙* )⸝

 

 

他にも、筆を口にもち、美しい詩と絵を書かれる星野富弘さんの「今日もひとつ」

など美しい歌と音色を沢山お聞かせいただきました!

永井さん、岡安さん、東村さん、聴き応え充分のプログラムをありがとうございました!

訪問演奏の企画/運営にチャレンジしてみませんか?

「生演奏の楽しさをすべての人に」を合言葉に現在30名ほどのスタッフが東京/大阪/名古屋で200件を超えるコンサートの企画/運営をしています。たくさんの奏者、観客の笑顔を見れる音楽NPOパフォーマンスバンクの活動にご興味ありませんか。
写真はスタッフが企画したNPO法人3周年記念パーティーの様子です♪