【訪問演奏】あなたの知らないフルート、覗きに来ません?

みなさん、こんにちは!

すっかり春らしくなってきましたね🌸🌸

東京支部の楊です。

わたしはまだ花粉症が発症していないので、のんびり過ごせています…、、 

花粉症には、ヨーグルトが効くらしいですよ。ぜひお試ししてみてください😊

さてさて!そろそろ本題を。

3月10日(日)に、愛ふれあだんらん元浅草さまで徳江美野さんによるフルートコンサートが行われました!

いつもお世話になっている愛ふれあだんらん元浅草さま。

今日のお客さんは少し少なめでしたが、コンサートの始まる前にみなさんで行なっている体操にも参加させていただき、気持ちがホクホクと温まりました😊

気持ちの体操もばっちりです🤸‍♂️

そして、徳江さんが楽器を吹き始める前からみなさん、フルートに興味津々👀

「この楽器はなんだと思いますかー?ヒントは四文字ですよ」と質問すると

「オーボエ!」と答えが返ってきました。

惜しい、、!!

フルートのご紹介を軽くしていただき、さらには「横笛」のフルートですが、縦にして吹いてくださりました。

コンサート前から大変盛り上がりました👏

そして早速、一曲目に演奏していただいたのは情熱大陸です。

TBSの某番組でも有名な一曲。

そして二曲目はリベルタンゴ。

タンゴは踊るために作られたらしいのですが、このリベルタンゴは踊るためではなく、音楽としてきくために作られた自由なタンゴだとか🕺

どちらの曲も、アツく激しい音楽でした…!

演奏しているときの真剣で情熱的な表情と、お話ししているときの柔らかい徳江さんとのギャップがとてもあり、みなさん、思わず前のめりになって聴き入っていました。

ノリノリで手を動かす方も🎶

ここまでソウルフルな曲を演奏していただきましたが、3曲目はフランス人のマスネさんが作ったクラシック音楽、

CMなどでもよく使われている、美しい旋律の音楽です。

こちらも1、2曲目とはまったくちがう表情を持った曲で、聞き応えのあるものでした。

4曲目は、O Mio Babbinoという曲です。

この曲名は、イタリア語で「わたしのお父さん」という意味だそう。

プッチーニのオペラのなかで娘さんがお父さんに指輪を買いに行こうよ、と呼びかけるアリアなんだそうです。

こう聞くとかわいらしいですが…、歌詞の意味をよくよく確認すると、「指輪を買いに行ってくれないと川に飛び込むわよ」だったり、「お父さんのこと嫌いになるわよ」ということを歌っているらしく😮

なかなか気の強い娘さんですよね。笑

フィギュアスケートでも使われていたということで、こちらもフルートの音色にぴったりな美しいメロディでした。

つぎに、楽器紹介をしていただきました。

みなさんもなかなか、フルートが分解されてケースに納まっているのは見たことがないのではないでしょうか?

そこで、今回は楽器ケースにフルートを分解して入れるところを見せていただきました。

また、なんとなんと、頭部管とあしのみでメリーさんの羊を演奏してもらいました!

フルートって、真ん中の部分はなくてもドレミソ、の音は出るとのことでしっかりと演奏ができるらしいのです。

こんなに短いフルート、見たことありません。

なんだかかわいいですね💕

また、今までとはまったくちがう巻き舌を使った吹き方、フラッターも披露してきただきました。

6曲目はそんなフラッターを使った熊ん蜂の飛行を演奏していただきました。

この曲は蜂の群れの音を楽器で表現した曲だそうで、蜂の群れが迫ってきたり離れて行ったりする様子がよく表されている曲でした🐝

今まではクラシック音楽を中心に演奏していただきましたが、7曲目からはポップスコーナー!ということで、

7曲目はいきものがかりの「ありがとう」を。

いまの季節、よく耳にしますよね👂

「いきものがかりの曲は、どれもサビから始まるんですよー!」と、いきものがかりのファンだという、愛ふれあだんらんさまのスタッフの方から声が💫

8曲目は早春賦。

お馴染みですよね。みなさん、体を揺らして口ずさんでいました♩

そして、9曲目もお馴染み、きらきら星。

しかし、ただのきらきら星ではありません。

変奏曲バージョンです。 リズムやメロディーを変えながら、いろんなパターンが繰り広げられます。

音数が増えたり、暗いメロディーになったり。

きらきら星にはこんなたくさんの顔があったんですね…!

最後の曲はみんなで歌おう!のコーナーです。

坂本九さんの名曲、見上げてごらん空の星を、を全員で🎤

フルートの旋律に合わせてみなさんで歌いました。

美しいフルートの音色に酔いしれた1時間。

ここでコンサートは終わりかと思いきや…。

アンコールです!

ジュトゥムという曲を演奏していただきました。ジュトゥムという言葉、フランス語で「あなたがほしい」という意味だそう。

短い言葉ですが、さすがフランスですよね。

なんとも情熱的な愛の言葉。

ですが、曲は明るい三拍子のワルツの曲。

楽しませていただきました…!

今回、このようなステキなコンサートを開催してくださった愛ふれあだんらん元浅草さま、またフルート奏者、徳江美野さま、ありがとうございました!