【老人ホーム演奏】ウィーンで学んだフルートデュオによる出張コンサート

代表の鈴木です。

本日は新宿区の有料老人ホームに『Wiener Duo Jause』のお二人によるクリスマスコンサートをお届けしてきました!

『Wiener Duo Jause』のお二人は、共に音楽の都であるウィーンで音楽を学んだフルート奏者によるデュエットで、パフォーマンスバンクを通じての出張コンサートは今回が初。

コンサート冒頭はウィーンやヨーロッパの雰囲気を感じさせる「こうもり序曲」「トルコ行進曲」といったクラシック曲を中心としたプログラム。それぞれの技術力の高さを感じさせる演奏でした。

その後はおしゃれなアレンジの「サンタが街にやってくる」「ジングルベル」といったクリスマス曲で、会場の雰囲気は一気に柔らかく華やかに。

そして「ふるさと」や「この道」といった唱歌を演奏した後は、フルート&ピアノ伴奏の演奏に切り替えて「見上げてごらん夜の星を」や「川の流れのように」を、会場の皆さまにも大きな歌声で参加して頂きました。

ちなみにユニット名の「Jause」は「おやつの時間」を意味する言葉とのことで、そんな名前にふさわしく、演奏のみならず司会も含めて親しみやすいコンサートでした。そのため終演後は演奏者に声をかけてくださるお客様も多くおり「私も同じ○○県の出身なの」「子供がヨーロッパで音楽を勉強している」「普段なかなか生演奏を聴けないので、今日は本当に嬉しかった」といった会話が飛び交っていました♪

 

【プログラム】

  1. こうもり序曲
  2. 小犬のワルツ
  3. トルコ行進曲
  4. サンタが街にやってくる
  5. きよしこの夜
  6. ジングルベル
  7. ふるさと
  8. この道
  9. 冬景色
  10. 見上げてごらん夜の星を
  11. 風笛〜あすかのテーマ〜
  12. 川の流れのように

 

【おまけ – ウィーンのクリスマスマーケットの思い出】

曲間のトークでは、お二人が音楽を学んだウィーンでの思い出に関するお話も。

この時期のウィーンといえば、やっぱり「クリスマスマーケット」。

クリスマスマーケットでホットワインを飲んだといった思い出話に、新婚旅行でクリスマスのウィーンを訪れたことを思い出しました♪

演奏者として老人ホームや保育園に生演奏を届けませんか?

あなたの演奏で、心から笑顔になる人たちに出会うことができます。
普段生演奏を聴く事が難しい、老人ホームや保育園での訪問演奏活動にチャレンジしてみませんか?