【老人ホームへ訪問演奏】ホットな気分に包まれて

こんにちは!コーディネーターの田中です。

12月10日(日)三鷹の老人ホームにて、ウクレレとフルートのコンサートが開かれました。
演奏してくださったのは、歌声喫茶フラワーズの皆さんです。
f:id:Pbktanaka:20180724124303j:plain
フラワーズさんはウクレレ3名とフルート1名のグループで、
ウクレレの方々が弾き語りで歌をうたい、フルートの方がメロディを担当します。

フラワーズの皆さんは、今回もおアロハなドレスでお越しくださいました。
お客さんからも好評なカラフルな花模様の衣装は、南国の雰囲気が漂い素敵です。
この日はお茶の時間に合わせたコンサートということもあり、会場は和やかな雰囲気に包まれていました。

さて、紹介に続いて演奏の始まりです!
アロハの衣装だからといっても、もちろん南国の曲ばかりではありませんよ!
冬の時期にピッタリの曲をたくさん用意してくださいました。
冬と言えば、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか…?
f:id:Pbktanaka:20180724124415j:plain
この日は、ジングルベル、きよしこの夜などクリスマスにちなんだ曲や、
スキー、津軽海峡冬景色など冬をテーマにした曲を合わせて15曲演奏していただきました!

フラワーズさんはグループ名に歌声喫茶とあることからもわかる通り、
お客さんと一緒に歌って楽しむ参加型のコンサートが特徴です。
この日もすべての曲に歌詞カードをつけ、全曲一緒に歌っていただきました。
お客さんを巻き込んでいくMCの方のトークが見事です…!
フラワーズさんの明るい雰囲気に乗って、お客さんの皆さんも1曲目から一緒に歌ってくださいました。
コンサートが進むにつれて気持ちが乗り、だんだんとお客さんの方から自然に声が聴こえてきます。
皆さんの歌声に私も元気をいただきました!

中でも特に盛り上がった曲は三百六十五歩のマーチではないでしょうか。
お客さんにとって、なつかしい思い出のつまった1曲なのではないかと思います。
音楽が当時を振り返っていただくきっかけとなれば嬉しいですね!
フラワーズさんのかけ声に合わせて、お客さんの皆さんも元気な歌声を響かせました。
f:id:Pbktanaka:20180724124458j:plain
ラストのふるさとが終わると、皆さんから楽しかった!というお声をいただきました。
さらに、嬉しいことにアンコールの拍手までいただき、演奏した曲の中から1曲お客さんのリクエストに応えていただくことに!
さて、どの曲も素晴らしい演奏でしたので、迷ってしまいますが…
憧れのハワイ航路に決まりました。ウクレレとフルートのハーモニーにはぴったりの曲です!
外は冬の寒さですが、カラフルなドレスとウクレレやフルートが奏でる温かい音色に乗せられて、
皆の気分はすっかりハワイへの旅路を進み始めました!!

最後まで全員で一緒に歌い終え、心も身体も温まりコンサート。
演奏者とお客さんの垣根を越えて、会場の一体感を楽しめるのが生演奏の醍醐味です。
生演奏の楽しさをより多くの人に伝えることを目標に、
これからもコンサートの場をコーディネートしてゆきたいと思います。

施設の皆さん、歌声喫茶フラワーズの皆さん、ありがとうございました!
f:id:Pbktanaka:20180724124843j:plain

演奏者として老人ホームや保育園に生演奏を届けませんか?

あなたの演奏で、心から笑顔になる人たちに出会うことができます。
普段生演奏を聴く事が難しい、老人ホームや保育園での訪問演奏活動にチャレンジしてみませんか?