【訪問演奏】オレッ!客席の皆さまもフラメンコに参加♪

こんにちは!
早速ですが、2月9日に杉並区の老人ホームにて、フラメンコの演奏会が開催されました。

奏者は、ロス ヒラソレス様です。
”ロス ヒラソレス”とは、スペイン語で”ひまわり”の意味だそうです。

奏者の皆さまのあたたかな雰囲気が現れている素敵なお名前です。

華やかな色の衣装での登場に、会場が一気に明るい雰囲気に!

ギター、歌、足音、拍手、掛け声…様々な音が聞こえてきます。

フラメンコは「ギター」「歌」「踊り」の3要素で構成されています。
「好きなタイミングで”オレ!”と声をかけてください」との奏者からの声掛けに、
客席からも、「オレ!」の掛け声や手拍子の音が聞こえてきました。

”目で見て、耳で聞いて、一緒に参加できる”
奏者と客席の距離が近い訪問演奏だからこその醍醐味です。

 

【プログラム】

セビジャーナス(スペインの民謡、お祭りの歌)

タンゴデマラガ(スペインの美しい海岸に堕ちる夕日を思い浮かべる)

カンテ~グアヒーライコロンビアーナ~(愛のうた、扇を使用)

ソレア(孤独)

コーヒールンバ(コーヒーと恋心)

フィンデフィエスタ(宴の終わりに一人づつ踊る)

演奏者として老人ホームや保育園に生演奏を届けませんか?

あなたの演奏で、心から笑顔になる人たちに出会うことができます。
普段生演奏を聴く事が難しい、老人ホームや保育園での訪問演奏活動にチャレンジしてみませんか?