【訪問コンサート】オカリナが綴る日本の名曲に拍手喝采

こんにちは、パフォーマンスバンクの渡邉です!

8月26日に練馬区介護施設にて、オカトロさんによるオカリナコンサートが開催されました。

当日は、36度の真夏日ということでオカトロさんはアロハシャツで会場に登場!

f:id:pbank:20180828084256j:plain

譜面台にはひまわりと麦わら帽子が飾られ、とても華やかでした✨

コンサートの一曲目は「浜辺の歌」。オカリナの温かな音色が会場に響き渡ると、利用者さんからは曲を口ずさむ声が聞こえてきました。

f:id:pbank:20180828084311j:plain

実は、歌詞カードを用意していたのは「夏の思い出」「上を向いて歩こう]、そしてアンコールの「ふるさと」だけだったのですが、会場には終始、オカリナと利用者さんの歌声が響いていて、本当に一体感のあるコンサートでした。

「悲しい酒」は、オカトロさんの台詞入り! 曲終わりには、利用者さんから「素晴らしい」という声が掛かっていました。

f:id:pbank:20180828084329j:plain

オカトロさんが当日持参されたオカリナは4種類。そのなかで、一番大きなものと一番小さなものを紹介してくださいました。利用者さんも興味を持って、熱心に説明を聞かれていました。

最後の「上を向いて歩こう」が終わると、大きな手拍子とアンコールの掛け声が! 会場は当日一番の盛り上がりを見せ、全員で「ふるさと」を大合唱し、コンサートは終了しました。

最初から最後まで、とても雰囲気の良いコンサートを開催してくださったオカトロさ

ん、ならびに会場の皆さま、ありがとうございました。

f:id:pbank:20180828084348j:plain

[プログラム]

浜辺の歌

椰子の実

夏の思い出

東京キッド

悲しい酒

見上げてごらん夜の星を

上を向いて歩こう

アンコール ふるさと

演奏者として老人ホームや保育園に生演奏を届けませんか?

あなたの演奏で、心から笑顔になる人たちに出会うことができます。
普段生演奏を聴く事が難しい、老人ホームや保育園での訪問演奏活動にチャレンジしてみませんか?